株式会社アシェット

横浜のホームページ制作やシステム開発なら株式会社アシェットへ
社内システム、スマホ対応が低価格!

ホームページを作りたい方へto those who want to create a website

ご不明な点やご不安に思った点があれば、気軽にお問い合わせくださいませ。

ホームページを作る前に知っておくべきこと!

入門編 - 2016年3月15日

明確にするべきこと

planまずは制作会社を選定することも重要ですが、その前に重要なことをまとめると、プランが具体的になっていきます。何を始めればいいのかわからない場合、まずは概要を決めていきましょう。

  • 依頼する成果物に対する目的を明確化する
  • ターゲットの選定
  • 成果物に対する中長期的な目標
  • 自分たちでできる作業、依頼したい作業
  • 絶対に実現したいことと、可能であれば実現したいこと
  • 可能であれば必要なページや機能のリスト

これらを全てまとめて最初のお打合せ時にお話しいただけると、実現に向けて、より明確にプランを練ることができます。

立ち上げまでは専任の担当者を置くとスムーズ

ホームページやシステム開発で重要なのは、プロジェクト立ち上げの専任者の役割で す。本業の方が忙しく、なかなかプロジェクトの内容が詰めれない、というお客様を多く見てきましたが、そうなると納期が延びたり、プロジェクトが立ち消え になってしまったりということもございます。

せっかくご依頼いただけるのでしたら、夢をできるだけ早く実現していただきたいという思いでいますので、できるだけ専任者をご用意いただき、しっかりとプロジェクトに携わる時間を作っていただくことも重要です。

特に、設計段階では、専任者の方には非常に負荷がかかります。掲載文を用意したり、上がってきた構成を確認したり、社内から新たな要望が出てきて取りまとめたり、非常に忙しくなります。ですので、立ち上げ時にはプロジェクトに合わせ、専任者のスケジュールを開けておくと安心です。

ターゲットの設定はしっかりと行った方が有利

ターゲットの選定利用者を増やす為にも、しっかりとしたターゲットの設定が必要になります。年代、性別、職種、閲覧環境、通信環境など、詳しく設定すればするほど、ユーザーに寄り添ったサイトを作ることができます。

既にサイトを持っており、リニューアルをご希望のお客様は、アクセス解析などを入れることによって、ユーザー環境を知ることができます。googleアナリティスクなどのアクセス解析を導入し、ターゲットをしっかりと絞り込んでおくと有利です。

スマホ対策をどうするか検討する

スマホとタブレット10年前とは違い、最近はスマホやタブレット対策が欠かせない存在となってきました。
1つのファイルでPCやスマホ環境に対応できるレスポンシブという手法で作るのか、はたまた、スマホ向けに専用のスマホサイトを用意するのか……。
それぞれメリットデメリット、向き不向きがある為、事前に検討しておくことをお勧めいたします。
対象環境について悩んでいる方は、レスポンシブ? スマホサイト? というコラムにて、メリットデメリット等記載しておりますので是非ご覧ください。

サーバ会社は後から決めた方が良い

例えばシンプルなコーポレートサイトから、WordPressを導入するサイト、またはシステム構築が必要なプロジェクトなど、設置するサーバにそれぞれに向き不向きがあります。特にシステム構築が必要なプロジェクトは、トラフィック等の問題もある為、同じシステム構築であっても、プロジェクトによって最適なサーバ会社が変わってきます。その為、サーバ契約はプロジェクトがスタートした後にすることをお勧めします。

弊社では、最初のお打合せ時にサーバ会社が未契約だというお話をしていただきましたら、弊社の方でプロジェクトに合ったサーバ会社を選出し、ご提案いたします。サーバ会社とのご契約をお客様ご自身で行う場合、提案も含め特に費用は発生いたしません。
逆に、ご自身でご契約や管理が面倒だというお客様は、費用はかかりますが弊社にて対応が可能ですのでその旨お問い合わせください。

既にご契約されているお客様でも、特にプロジェクト上問題なければそのまま使用し、問題がある場合のみ、別のサーバを契約していただくという流れになります。

業者の選定方法、ポイント

sysdesホームページを立ち上げる(またはリニューアル)するにあたり、重要になってくるのが、最初の段階でいかに計画を練り上げれるか、という点です。
この計画が上手く練り込まれていない場合、途中で躓いたり、制作が中止になってしまう、なんていうことも珍しくありません。

例えば、単純なコーポレートサイトであれば、制作過程は比較的シンプルですが、システム開発も含まれると、最後の工程まで見通して設計しなければ、トラブルが続発して、満足できない結果になってしまいます。

よって、制作会社を選ぶ際には、その制作会社がきちんと設計ができる会社か、を見極める必要があります。

もう一つは、制作会社の実績を見て、自分の作りたいものに近いものがあるか、確認すること。
実績にあれば、経験もあるということなので、安心して任せることができます。ただ、中には非公開の実績もあるので、フィーリングでこれだ、と思った業者に、自分の作りたいものが実現可能か、問い合わせてみることも重要です。

掲載文はプロのライターに依頼することで、印象が全く変わることがある

student-849822_640一般的には、通常掲載文は、お客様の方で用意いただくことが殆どです。ですが、文章を書くのが苦手な方がいたり、書いたけれど、利用者の視点に立つことが難しく、訴求力に欠けてしまったりすることが良くあります。そうなりますと、せっかく立ち上げたのに、集客に繋がらない、という問題が発生します。

特に集客を狙いたいお客様は、商品説明ページなどの掲載文は、ライターに依頼するなども検討されることをお勧めします。また、お忙しいお客様も、ライティングをご依頼いただくことで、ご自身の時間を使わずにすむメリットもあります。制作会社に依頼する前に、掲載文について用意が可能かどうかも、確認してみると良いでしょう。

ホームページ、またはシステムにも寿命はある

メンテナンスが必要既にご経験されているお客様も多くいらっしゃると思いますが、ウェブサイトにも流行り廃りがあり、常に変化し続けています。

一般的にホームページの寿命は3年~8年とされており、平均すると5年後にはデザインが古いと感じてしまうようになります。

また、見た目だけではなく、構築する為の言語や、ユーザーの閲覧環境など、様々な面で変化していく為、常にメンテナンスが必要になります。

上記を踏まえ、弊社では5年ごとにサイトを見直すことをお勧めしています。
作っただけでは終わらないので、ご注意ください。

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-222-3120受付時間:平日10:00 ~ 17:00まで

見積依頼・メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ