株式会社アシェット

横浜のホームページ制作やシステム開発なら株式会社アシェットへ
社内システム、スマホ対応が低価格!

ホームページを作りたい方へto those who want to create a website

ご不明な点やご不安に思った点があれば、気軽にお問い合わせくださいませ。

事前に準備して納期を短縮しよう!-後編

入門編 - 2016年3月17日

この記事は、「事前に準備して納期を短縮しよう!-前編」の続きです。
前後編をまとめたリスト早見表はこちら


具体的な準備にとりかかる

さて、事前準備が終わったら、いよいよ具体的な準備にとりかかります。

掲載内容のアウトラインや必要機能を洗い出す

各ページのリストアップを用いて、更に掲載情報の概要や必要機能を洗い出していきます。例えば、お問い合わせページの欄には、

  • 電話での連絡方法
  • メールフォーム
  • プライバシーポリシーの同意の有無

こんな風に箇条書きにすることによって、何が必要なのか明確に見えてきます。
何度か見直し、推敲を重ねて、全てのページに対し書終わったら次のステップへ進んでください。

重要なポイントを考える

thinkpoint次に、各ページに対し、重要だと思うポイントを備考として記載します。
例えば、Aという商品を紹介するページの場合、

購入手続きページへ誘導する掲載文を記載する

や、トップページに

メインビジュアル部分に、サービスをイメージする写真を3枚程スライドするスライダーを表示する。写真は有料素材で購入。

など、必要と思われる情報を書いていきます。

実際に掲載する文章を書く

writing各ページの具体的な内容が決まってきたら、最終的に掲載情報を準備します。ライターに任せたいお客様は各ページの概要のみ準備のみでかまいません。自分で準備するお客様は、重要なポイントを踏まえた上で、細かい掲載文章などをWordや、PowerPoint(またはテキストファイル)などを用いて、ページごとに準備していきます。その際、図などを準備できる場合は記載し、準備できない場合は、「ここに図が欲しい」という点を記載してください。

ここで、重要なのが、文章を客観的に見た時に、自分の伝えたいことが明確に伝わるか、という点です。
また、どうしてもこうしたい、という拘りを持ってしまうと、自己満足は満たされますが、利用者にとって非常に分かり辛いものになり、訴求力が落ちたり、集客力が落ちることに繋がりますので、ある程度書き上げた際に、社内のスタッフや同業者ではなく、家族の誰かや第三者に、この文章で伝わるかどうか、という点で助言をもらうことをお勧めします。

使用したい素材を準備する

material最後に、例えば使用したいイラストや写真、サイトロゴなど、自分たちで決めたい場合、事前にご用意ください。
また、コーポレートサイトであれば企業ロゴなども必要になるので、企業ロゴデータ等もご準備ください。


以上を事前に準備されていると、スケジュールがかなり早まります。
見積を依頼する際に、業者には、掲載内容素材以外の情報を渡してください。
掲載内容と素材については、発注する業者を確定した後の提出で問題ありません。


見積前に必要な情報 発注後に必要な情報
  • プロジェクトの概要
  • 絶対に実現したいことと、可能であれば実現したいことをリスト
    目的
  • 成果物に対する中長期的な目標
  • ターゲット
  • 自分たちでできる作業・依頼したい作業のリスト
  • 必要なページ一覧
  • 必要機能一覧

=コンサルティングをご依頼いただくお客様は不要となります。

  • 掲載内容
  • 使用予定の素材

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-222-3120受付時間:平日10:00 ~ 17:00まで

見積依頼・メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ