株式会社アシェット

横浜のホームページ制作やシステム開発なら株式会社アシェットへ
社内システム、スマホ対応が低価格!

ホームページを作りたい方へto those who want to create a website

ご不明な点やご不安に思った点があれば、気軽にお問い合わせくださいませ。

キャッチコピーや掲載文は訴求力に大きく影響する

重要なポイント - 2016年9月12日

多くのお客様はサイトの掲載情報をご自身でご用意されますが、中には文章を書くのが苦手なお客様もいらっしゃいます。また、掲載文の準備時間が取れないお客様や、逆に大幅に時間がかかってしまうお客様もいらっしゃいます。そういったお客様にはプロのライターの方にお願いするのも一つの手段だと、是非知っていただきたいと思います。

ユーザーは掲載文によって、「判断」する

photo-branding実はあまり表面化することはありませんが、掲載文が理由で「ブランド力」が悪い方向へいってしまっているお客様を数多く見てきました。

残念ながら私たち制作会社は、ライティングの費用をいただいていない限り、頂いた原稿の通り掲載するしかなく、どうしても見過ごせない問題の箇所のみ、「こうした方が良い」という助言をする以外にどうしようもできません。

そこで、良質な掲載文の準備が難しいお客様は、思い切ってプロのライターに依頼していただきたいと思っています。もちろん、多少の費用はかかってしまいますが、自分で悩んで書くよりも時間を無駄にせずにすみ、最終的に社内の人件費と比べ安く上がるということもあります。せっかく、新たに立ち上げるのに、掲載文のせいで希望する効果が得られないよりも、多少初期費用はかかっても、よりユーザーを引き付け、ビジターから顧客へと繋がる「ブランド力」を得た方が、 後々になって何倍も有益になります。

何故、掲載文が重要なのか

documentsユーザーがウェブサイトを閲覧する際に求めるものというのは「情報」です。更に言えば、検索して辿り着いたページに求めるものは「目的に該当する良質な情報」です。そこで、ユーザーはホームページに訪れ、そこにある情報を「自分にとって有益か」という視点で短時間で振り分けします。

このことから、ホームページを立ち上げる際に重要視しなければならないことが自然と見えてきます。そう、ユーザーが求めている「他と比較してより有益となる情報」を用意することが、非常に重要になってくるのです。

“ふるい”は常に行われている

さて、いざ各ページを閲覧する際、その情報は一般的に何で構成されているでしょうか?

ここまでくれば、もうおわかりですね。
そうです。「文章」または「言葉」、もしくは「イラスト・写真・図」で構成されています。
その中で大きな情報を占めるのが「文章」となります。

shiftサイトに掲載する文章は、ユーザーにとって、情報を振り分ける「ふるい」となります。
さて、その”ふるい”にかけられる文章が、非常に読み辛かったり、イマイチ言っていることがよく伝わってこない文章でしたら、どうなるでしょうか?
その“ふるい”にかけられた瞬間に、不要なものと判断される可能性が非常に高くなります。

このように、ユーザーにとって文章や言葉の違和感は、そのサイトへの違和感に繋がり、更にはサービスに対しての違和感に繋がってしまいます。

せっかくサイトを立ち上げようというのに、”ふるい”に負けてしまうのは非常にもったいないことです。文章を書く時間が無い、良い文章が思い浮かばない、ブランド力をアップさせたい、とお考えのお客様は、是非一度ライターにお任せすることもご検討されてみてはいかがでしょうか。

ライティング費用はどのくらい?

writing-costライティング費用ですが、実はライターによって様々で、かなりの幅があります。その為、お客様にとっては選び辛いと思いますので、ご予算がある程度決まっているようでしたら、ご予算を指定してその中で対応してくれる相性の良いライターを選ぶという方法をお勧めしています。

ライターの選出については、弊社が指定するパターンと、お客様自身でフリーランス等のライターとご契約いただくパターンがあり、お見積り前のお打合せでご希望をお知らせいただければ、ご希望通りに手配いたします。

安価な場合、800文字で1000円前後が目安となっています。過去の実績等をお見せすることも可能ですので、気に入ったライターを選出することが可能です。実績を見て選べますので、是非安心して一度お問い合わせくださいませ。

※弊社ではライターの紹介、またはライティング費用に対しマージンは取っておりません。弊社のディレクターが何かしらの作業が必要だった場合において、その分のディレクション費をいただいております。余計な費用が加算されませんので、是非気軽にお問い合わせください。
ちなみに、このページのコラムは全部で2500字弱くらいですので、低価格帯で依頼した場合は3000円前後の文章量ということになります。

写真撮影も必要であれば、取材がおすすめ

interview掲載文だけではなく、掲載写真等も必要であれば、取材をお勧めいたします。
まず貴社に伺いし、お話しを聞き、同時に必要な素材となる写真を撮影する、ということも可能です。

写真については、一般的なレベルから、各種専門分野のあるプロのカメラマンに依頼することも可能です。こちらも、クオリティにご希望がございましたら、お見積り前のお打合せでお知らせくださいませ。

掲載文を自分で用意する場合の注意点

それでも様々な事情から、掲載文を自身で用意する必要があるお客様も多くいらっしゃるかと思います。その場合は、下記ポイントに気を付けながら書いてみてください。

  • 日本語が正しく使われているか
  • 句読点、段落、改行が間違っていないか
    ※web上の文は字下げしなくても問題ない
  • 難しい言葉を多用していないか
    ※わかり難い用語がある場合、補足説明を記載すると良い
  • ユーザーに伝えたいことが伝わっているか
  • どうしても説明が足りずそっけなくなっていないか
  • 語尾が「です、ます」や「~だ。」等、妙な具合に混在しすぎて違和感を与えていないか
  • 喋り言葉を使ってしまい幼稚になっていないか
  • 文章が単調でユーザーの興味を得られず、ページ滞在時間が短くなってしまっていないか

writing掲載文を用意される際には、是非、一度上記の視点で確認してみてください。

また、完成した際に、社内の人間ではなく、掲載内容に精通していない第三者に見てもらい、言いたいことが伝わるかどうか、助言をもらうこともお勧めいたします。

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-222-3120受付時間:平日10:00 ~ 17:00まで

見積依頼・メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ